府中家具のプライド|ヒノキパワーでグッスリ眠れる|二段ベッドは効率的な家具
内観

ヒノキパワーでグッスリ眠れる|二段ベッドは効率的な家具

府中家具のプライド

家具の模型

府中家具は製品の精度も高く長年使用しても劣化しない上品な家具になります。府中家具はまず家具の元となる木を厳選することから始まります。素材の味を生かし、最大限にその木の素材の良さが表現できるように作られていきます。長い時間をかけ、木を寝かして木に負担がかからないように作業を進めていくのです。良い家具は、良い素材からというのが府中家具のプライドです。日々そのプライドを持ち、製造しているからこそできる職人技と言えるでしょう。府中家具は確かな技術の中で製品を生み出しています。家具は一生壊れないように隅々まで職人の技が行き届いており、長年の使用であっても耐久できるように加工されています。長く使用することで、家具に愛情をもってほしいという気持ちが込められた逸品となるのです。府中家具の仕上げの作業では塗装を行います。木の木目に合わせて塗装され、木目の深みを感じさせます。それと同時に家具本体のキズや破損を予防します。家具作りでは、塗装の腕こそが一番大事になり高い技術が必要となります。高い技術を持ち、細かいところまで整えられたものでないと府中家具として成立しません。細部まで行き届いた商品こそ心地よさを感じさせ、人に愛される商品になっていくのです。家具の町であるからこそ、職人と職人の腕がぶつかり切磋琢磨することによって府中家具の製品が完成しました。結果技術の争いが多くの人を感動させ、今でも人々の生活の支えとなっているのです。府中家具の家具を購入することで、これから代々受け継がれる品の1つとして多くの子孫に大切に扱われていくものになるでしょう。